皆が意外と知らない頭痛の知識を紹介します

看護師

頭痛薬の上手な使い方

頭を押さえるレディー

くすりは逆から読むとリスクと言われることがよくあります。薬には大なり小なり副作用というものがあり、あまりにも薬を飲み過ぎると今度はその副作用により苦しめられてしまうことがあります。それを防ぐためには、まず頭痛薬がどのようにして頭痛を和らげているのかを知る必要があるでしょう。頭痛薬は基本的に解熱鎮痛作用のある薬剤が多く、頭痛を起こしている部位の炎症や神経に作用して、痛みに関係する物質をブロックすることで痛みを抑えます。頭痛は血管の拡張などによる周辺組織の炎症、それによる痛みの伝達物質が原因になっていますから、それらに高い効果を発揮してくれるのです。しかし、いくら効果の高い頭痛薬とはいえ、冒頭の通りリスクが有るため飲み過ぎには十分注意が必要です。

頭痛薬の副作用は様々なものがあります。代表的な者として、イブプロフェンのように吐き気や消化不良、消化器からの出血、下痢、高血圧などが挙げられます。重度になると、せっかく頭痛を抑えたにも関わらず、頭痛薬の副作用で苦しむことにもなりかねません。また、イブプロフェン同様に頭痛薬として広く用いられているアセトアミノフェンも、肝機能障害を起こしやすくなると言われており、特にアルコールと一緒に摂取することは危険です。ロキソプロフェンは近年広く用いられている頭痛薬の成分です。これの副作用としては、皮膚のかゆみや発疹のようなアレルギーのような反応があります。また、他の薬を飲んでいる人は、ロキソプロフェンの入っている頭痛薬を服用する場合に、医師の指導が必要です。特にリウマチの治療をしている方をはじめとして、血栓の出来易い方で、ワルファリンを服用されている場合は注意が必要です。

様々な副作用があるとはいえ、それらはきちんと薬の使い方通りに正しく服用しているうちは比較的危険が少ないものです。ですが、長期にわたって服用を続けたり、あるいは用量を守らずに大量に摂取をしたりしていると、それにより薬物乱用頭痛が誘発することを忘れてはいけません。薬物乱用頭痛は、それまで飲んでいた頭痛薬が効かなくなるとともに、肝臓などへの負担も大きなものです。しかも、一旦薬物乱用頭痛になるとその頭痛を和らげるため更に大量の薬を摂取しようとする傾向があり、悪循環を生み出す原因となってしまう恐れもあります。